NEWS

2020-02-05
カテゴリトップ > ■ブランド一覧 > O > OGAWA CAMPAL > テント
小川キャンパル ロッジ型シェルター リビングシェルター5 3379 OGAWA CAMPAL OGA3379 国内正規品
ロッジ型シェルター
リビングシェルターが、8年ぶりに再登場。
ロッジやドームテントと接続し、リビングルームを拡大。進化した「リビングシェルター5」。

・スクリーンシェルター。フルスクリーンの解放感、スチールポールの安心感と信頼のおける一品です。
・ロッジ型の持つ居住性の高さと設営の簡易さを通級しました。
・ライナーシートを標準装備し、結露の滴下を抑制します。
・ベンチレーターなど快適機構が装備されています。
・ドームテントやロッジシェルターなどとの接続や張り出し機能などバリエーションも多く楽しめます。

製品詳細
■重量 幕体:約8.4kg ポール:約16.1kg
■素材 フライ:ポリエステル 210d(耐水圧1,800mm) ポール:スチールφ22mm(張り出しポールΦ19mm)
■収納サイズ 92×34×52(cm)
■カラー ブラウン×サンド×レッド
■付属品 スチールピン、張り出しポール180cm、張り綱、アイアンハンマー、ライナーシート、収納袋
OGAWA CAMPAL/小川キャンパルとは
1914年創業。日本のテントの先駆者的メーカー。これまで培ってきた確かな商品力を活かし、お客様の立場に立って製品設計、 パーツや素材、製法や加工技術などあらゆる面にわたり検討に検討を重ね商品化された「価値ある品質」を提供しています。


※メーカーやモデル等によりサイズ感は異なります。サイズは目安としてお考えください。
※写真の色と実際の商品の色は多少異なる場合がございます。
※商品画像はメーカー提供のサンプル画像です。
製品仕様・デザインは改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

この商品は クレジットカード決済のみ(代引き不可) と、させていただいております。
・お支払いはカード決済のみ、確認後3〜7日営業日前後で当店より発送となります。
・代金引換をお選び頂いたご注文は注文後のクレジット決済への変更が出来ないため、ご注文のキャンセル処理をいたします。
・メーカー在庫状況によりお日にちを頂く場合もございますが、予めご了承ください。(メーカー欠品でご用意ができない場合があります)
※ご注文後のお客様都合によるキャンセルや変更は承っておりませんので、ご確認の上ご注文をお願いいたします。

正規品

未使用新品

当店のブランド商品は全て本物です。安心してショッピングをお楽しみください。

送料無料
※下記の地域へ発送の場合別途送料が必要となります
北海道+648円、沖縄県・離島一部地域+1,944円
※代引き手数料は別途かかります。
※同梱包発送可能な商品もサイズ・重量などにより送料が変更になります。
【キャンプ】【キャンパルジャパン】
価格
90,250円 (税込 97,470 円) 送料無料
【ご確認下さい】取り寄せ商品はメーカー欠品の場合があります。在庫の有無/出荷予定日/出荷報告は必ずメール連絡しております。欠品の場合は自動的にキャンセル処理をしお客様にメールにてご報告致します。北海道・沖縄・離島一部地域は別途送料が掛かります。   
お取り寄せ商品3〜7営業日出荷予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

今話題のメディカルアロマ! ~ オンライン受験 ~

==== メディカルアロマ検定&インストラクター資格取得講座====
※ 認定パートナー経由のお申し込みで15,000 円割引!


・メディカルアロマって何?
・看護師のスキルアップになるメディカルアロマ
・統合医療の現場に導入され始めたメディカルアロマテラピー
・アロマテラピーとメディカルアロマは何が違うの?


※お申込の際は、必ず認定パートナーID をフォームに入力してお申込下さい。

メディカルアロマ検定&インストラクター資格取得講座のお申込はこちら LinkIcon


人生を豊かに・・・哲学の部屋

2017.01

1月22日(日) 午後 2:00~4:00
毎回深い気づきがある・・・と大好評の「哲学の部屋」
今回のテーマは、「孔子について」
教科書や本には載らない孔子の生きざまや、弟子とのあたたかい 語らい、
交流など現代社会と共に歩む私たちに、生きる知恵やヒントを与えてくれます。
日常の慌ただしさから少し離れて、ひとときの心の不思議を探る旅へと出かけてみませんか?

講 師:前田 整一
参加費:2.500円


バッチ博士のフラワーレメディ教育コース「ベーシック」の開催。<2日間・14時間>

2017.01

2月18日(土)、2月19日(日)にベーシックを開催します。 ※週末のコース
バッチ博士のフラワーレメディを自分や身近な人に使えるように、各フラワーレメディの性質や、使い方、バッチ博士についてを学びます。
時間:10:00~18:00 講師:玉城みさえ 場所:天然香房
費用:36,000円(テキスト・修了証・税込み)


優しいビーズアクセサリー展 / 海外在住作家・イサマスミ

2017.01

1月21日(土) AM11:00 ~ PM5:00
eedoとは山原の奥に住む祖父母の家の屋号。
幸せがたくさん繁栄しますようにとつけました。
2008年の自身のウエディングのためティアラを製作。
これを機にビーズの世界にはまり、2009年グアムで
ビーズ製作をスタートし、現在カリフォルニアを拠点に
に活動している。独自の感性と色を活かし、 旅行や
海外生活の中で影響を受けながら製作をしています。。


自家焙煎 コーヒー教室

2017.01

1月29日(日) PM3:00 ~ PM5:00
2月26日(日) PM4:00 ~ PM6:00
☆コーヒーの基本知識
☆美味しいコーヒーの淹れ方
☆自家製焙煎の体験
参加費:3.000円  / ケーキ♪ 自家焙煎100gプレゼント!


第12期アロマテラピースクールの開催。<2日間・14時間>

2016.09

11月9日(水) ~ 2017年5月10日(水)の間、全15レッスンのスクールを開催します。
花や緑を眺めていると、心から潤うように、
それらの香りは人々に元気とやすらぎを与えてくれます。
毎日をもっと豊かに、もっと素敵に過ごすために、リフレッシュ・リラックス効果のあるアロマテラピーを生活に取り入れてみませんか?
講座を通して、植物のやさしいエネルギーにふれることで、いつのまにか、より豊かなライフスタイルを楽しむことができるようになるでしょう。


バッチ博士のフラワーレメディ教育コース 「アドバンス」 の開催。<2日間・14時間>

2016.09

11月16日(水)、11月30日(水)にアドバンスを開催します。
バッチ博士のフラワーレメディについて更に知識と理解を深めながら、他の人に選ぶ実習も行っていきます。各バッチ博士のフラワーレメディの性質の違い、ケーススタディ、バッチ博士の考え方についても更に学びます。バッチ博士のフラワーレメディそのものの体験と共に、様々な実習を通して、あなた自身がより良く変化していることも実感するでしょう。
時間:10:00~17:30 講師:玉城みさえ 場所:天然香房
費用:42,000円(テキスト・トリートメントボトル・修了証・税込み)


バッチ博士のフラワーレメディ教育コース「ベーシック」の開催。<2日間・14時間>

2016.09

10月8日(土)、10月9日(日)にベーシックを開催します。 ※週末のコース
バッチ博士のフラワーレメディを自分や身近な人に使えるように、各フラワーレメディの性質や、使い方、バッチ博士についてを学びます。
時間:10:00~18:00 講師:玉城みさえ 場所:天然香房
費用:36,000円(テキスト・修了証・税込み)


バッチ博士のフラワーレメディ教育コース「ベーシック」の開催。<2日間・14時間>

2016.07

8月31日(水)、9月14日(水)にベーシックを開催します。 ※平日のコース
9月3日(土)、9月4日(日)にベーシックを開催します。 ※週末のコース
バッチ博士のフラワーレメディを自分や身近な人に使えるように、各フラワーレメディの性質や、使い方、バッチ博士についてを学びます。
時間:10:00~18:00 講師:玉城みさえ 場所:天然香房
費用:36,000円(テキスト・修了証・税込み)


バッチ博士のフラワーレメディ「ティーチャーコースⅡ」の開催。

20106.06

6月17日、7月1日に開催します。

説明会やカルチャースクールなどで、バッチ博士のフラワーレメディーについて、伝えていく内容や方法を学んでいきます。
(十分な使用経験やカウンセリング経験が必要となります。)
時間:10:00~18:00 講師:玉城みさえ 場所:天然香房
費用:21,000円


おすすめ商品

美拝(にふぇー)&命宝(ぬちどぅたから)

~ 沖縄産シークヮーサーの香りをブレンド~

プレゼントにも最適

~ ほっと一息、ハーブの恵みで優しい気持ちになれる ~

プラチナVUVUシャンプー

~ 気持ちすっきり、髪はしっとり ~

子供の頃に手や足で感じた大地の感触。草や花の香りが風に漂い、それを当たり前のように感じていました。でもそれは私たちを見守り、癒すため、常にそこにあったのでしょう。そしてそれは今も常にあり、ただ私たちが忘れているだけなのかも知れません。

e-mail: angel@tennenkobo.jp
http://tennenkobo.jp